スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美しい地球、誇りに」=山崎さん、歓迎式典に-歓声と拍手に包まれ(時事通信)

 【ヒューストン(米テキサス州)時事】「美しい地球に生まれたことを誇りに思って」-。米スペースシャトル「ディスカバリー」に乗り組み無事帰還した山崎直子さん(39)は21日午後(日本時間22日朝)、ヒューストンのエリントン空港の格納庫で開かれた帰還歓迎式典にほかの乗員とともに出席した。
 割れるような歓声と拍手が鳴り響く中、長女優希ちゃん(7)と手をつなぎながら姿を現した山崎さん。15日間の宇宙飛行の疲れは見えず、「直子さーん」と声援が飛ぶといつもの笑顔を会場中に振りまいた。
 「すべての仕事を完ぺきにやった素晴らしい宇宙飛行士」と紹介された山崎さん。スピーチの順番が回ってくると、最初は英語で、宇宙飛行士選抜からの11年間を支えた夫大地さん(37)や優希ちゃんのほか、今回のミッションに携わった関係者らに感謝の言葉を述べた。
 続いて日本語で「宇宙は素晴らしい。皆さんも立ち止まったら空を見上げて、そこに無限の可能性がまだまだあることを感じてください。美しい地球に生まれたことを誇りに思って」と話すと、会場がまた歓声と拍手に包まれた。
 式典終了後、山崎さんに花束を渡したトム・スミスさん(51)は「直子たちは近所に住んでおり、4年来の友人。直子が宇宙で大活躍したことをまた思い出し、感動して泣きそうになった」と興奮した様子で話していた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「宇宙ホップ」が地球帰還=ビール製造を検討
6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収

<千日前線>電車床下から煙 乗客避難もけが人なし 大阪(毎日新聞)
首相一転「資料提出必要ない」…偽装献金事件(読売新聞)
<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
<ヤマザキマザック>美術館オープン、絵画など展示 名古屋(毎日新聞)
水俣病 救済を閣議決定 未認定3万人超対象(毎日新聞)

激甚災害に指定=チリ大地震の津波被害で-政府(時事通信)

 政府は20日の閣議で、2月のチリ大地震で発生した津波による被害を激甚災害に指定する政令を決定した。これにより、自治体が行う災害復旧事業への国の補助率がかさ上げされる。23日に施行する。
 今回は、水産業の養殖施設に大きな被害が出たことを受け、これら施設の災害復旧事業の適用要件も併せて見直した。現行は、全養殖施設に対する被害を受けた割合が2割を超えることが要件となるが、新たに被害額が2000万円を超える場合も適用することとし、支援対象を拡大する。 

情報公開 首相が最終判断 検討チームが素案提示(産経新聞)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕-大阪府警(時事通信)
山崎さんシャトル、帰還へ=米ケネディ宇宙センター(時事通信)
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け(時事通信)

<東寺>「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)

 室町幕府初代将軍の足利尊氏が戦に敗れて逃げ込んで以来閉ざされたままで「不開門(あかずのもん)」とも呼ばれる世界遺産・東寺(京都市南区)の重要文化財「東大門」が約400年ぶりの修理を機に開扉され、14日、門前でおはらいの法要があった。

【写真特集】銀閣寺:修復完了 渋い輝き戻る

 東大門は鎌倉時代前期建立で高さ8.7メートル、幅11.6メートル。1336年、新田義貞に敗れた尊氏が東寺の本陣に逃げ込んだ際、東大門を閉じて追撃を防いだ。これまで15世紀前半の台風と1605年の修理以外開いたことがない。しかし、屋根などの傷みが激しく、京都府教委が他の建造物と共に約3億円かけて補修することになった。

 この日は08年12月の仏像盗難事件(解決)を受けて整備された防犯カメラや赤外線センサー設備の除幕式もあった。【熊谷豪】

【関連ニュース】
【写真特集】なぜ?平泉、世界遺産「登録延期」勧告
【写真特集】「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気
平等院鳳凰堂:壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査

「すぐにでも宇宙に」思い募る=油井さんら宇宙飛行士候補3人会見(時事通信)
小学3年女児を連れ去る=大学生の男、容疑で逮捕-千葉県警(時事通信)
首相、岡田外相の竹島発言に「政府の考え方変えてない」(産経新聞)
井上ひさしさん「少し時間を」…母校の校歌未完に(読売新聞)
岡田外相がルース米大使と会談 週明けの日米実務者協議を確認(産経新聞)

「たちあがれ日本」に「立ち上がれり切れるかな?」 民主・平田氏(産経新聞)

 民主党の平田健二参院国対委員長は7日の記者会見で、平沼赳夫元経済産業相らが結成を予定する新党の党名が「たちあがれ日本」になったことについて、「立ち上がり切るかな?。残念ながらそういう目で見ていない。(参加者が)古過ぎる、立ち上がれるかどうか心配だ」と酷評した。

【関連記事】
閣内不一致どころか、もはや“閣分裂”の域に
民主平田参院国対委員長、郵政での閣内対立、「あの顔ぶれだからあるだろう」
批判は許さん!小沢取り巻き“生方イジメ”過熱
生方氏「小沢氏は証人喚問も」「高嶋氏は国民に謝罪を」
テレビにバッチリ映った!小沢“親衛隊”言論封殺現場
「中国内陸部の資源事情とは…?」

両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策(産経新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
普天間問題未解決なら首相の辞任は当然 国民新・下地氏(産経新聞)
闇サイトを狙い撃ち 警視庁「ネットハンター」発足(産経新聞)
新党 山田・杉並区長、中田・前横浜市長らが月内結成へ(毎日新聞)

三菱重役員ら1億6000万円支払い=橋梁談合の株主訴訟和解-東京地裁(時事通信)

 鋼鉄製橋梁(きょうりょう)工事をめぐる談合事件で、指名停止を受けるなど会社に損害を与えたとして、三菱重工業(東京都港区)の株主が当時の役員ら7人に総額35億円の返還を求めた株主代表訴訟は31日、役員らが解決金1億6000万円を支払うことで、東京地裁(渡部勇次裁判長)で和解が成立した。 

【関連ニュース】
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官-6社を指名停止・防衛省
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退
「生きていてよかった」=目に涙、厳しい表情の原告も
被害者に改めて謝罪=小沢環境相
非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに

小児脳死、2回目判定は24時間後 厚労省案(産経新聞)
<火災>深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区(毎日新聞)
介護報酬不正請求で宮城県が2事業所に行政処分(医療介護CBニュース)
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ-鳩山首相(時事通信)
元親方、二審は懲役5年=時津風部屋傷害致死-名古屋高裁(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。